北アルプス・燕岳!日帰り登山へGO!(中房温泉から往復)




日帰り登山へGO!Ⅱ > 長野県の山 > 北アルプス 燕岳!(中房温泉から往復)

燕岳 tsubakuro-dake 標高2763m 2等三角点 日本二百名山  地図リンク→地理院地図
駐車場から山頂まで約4時間 長野県安曇野市(旧南安曇郡穂高町)/大町市
つばくろだけ。飛騨山脈(北アルプス)の山で、大天井岳の北方、餓鬼岳の南方に位置する。中部山岳国立公園に属す。北アルプス入門の山として知られる。山名の由来は、山容がツバメの姿に似ているからという説、残雪の形がツバメに似ているからという説、ツバメが多く渡来するからという説などがある。東方麓にある中房温泉(なかぶさおんせん)は文政4年(1821年)開湯といわれ、源泉付近の膠状珪酸と珪華は国天然記念物。また中房温泉は、燕岳登山口・北アルプス表銀座コースの出発点になっている。
長野自動車道安曇野→I.C.を下りると信号があります。その信号をそのままず~っと直進(県道310)。→[柏矢町]信号を右折し、国道147を北上。→[北穂高]信号を左折、踏み切りを渡りそのまま直進。→[有明]信号を通過、そのまま直進。→[宮城]信号を通過、ここから県道327。そのまま道なりにず~っと進んで行く。→カーブを幾度か曲がりながら、さらに進んで行くと、やがて右側に有明温泉「有明荘」。(有明荘北側に第3駐車場への入口あり)→有明荘を右手に見ながら道なりにもう少し先へ進むと中房川に架かる「温泉橋」が見えてきます。その手前右側に第2駐車場(下写真①)、「温泉橋」を渡った左側に第1駐車場があります(下写真②)。 地図リンク→グーグル地図  シーズン中、土日祝など、駐車場は非常に混むので注意。車を停められなかった時のために他の計画も立てておくのが無難。

2013.9.








有明温泉「有明荘」を右側に見ながらそのまま通過、もう少し先へ進むと
中房川に架かる橋(=温泉橋)の手前に町営第2駐車場があります。(中房登山口まで約1km)

そして温泉橋を渡った左側に町営第1駐車場があります。

有明荘のそばに第3駐車場もあります。
(有明荘の駐車場の先に第3駐車場へ通じる道があります)
第3駐車場から第2駐車場まで徒歩約5分です。

駐車場から車道を上がっていくと、やがて中房温泉近くのロータリーに出ます。
穂高駅からの乗り合いバスのバス停、タクシー乗り場、中房温泉宿泊者用の駐車場があります。

左の方へ進むと中房登山口はすぐ先にあります。






標高1462m  中房温泉の立ち寄り湯用の施設「湯原の湯」と公衆トイレの間を抜け、樹林帯の中へと入っていきます。
(駐車場から中房登山口まで約10分)
 中房温泉ホームページ

第一ベンチ
標高1820m
(ここから斜面を少し下ったところに水場があります。)

(中房登山口から第一ベンチまで約35分)

荷物用ケーブル(有明温泉付近から合戦小屋まで通じている)の下をくぐり、
もうちょっと登ると第二ベンチ。標高1820m   (第一ベンチから第二ベンチまで約30分) 











第一、第二、第三ベンチともに樹林帯の中。
展望はありません。


(第二ベンチから第三ベンチまで約30分)






ここでは木々の間から富士山方面が望めます。

(第三ベンチから富士見ベンチまで約35分)











標高2350m [中房温泉3.8km下り約2.5時間/燕山荘1.7km上り約1.5時間]と記されています。
そばに公衆トイレあり。   (富士見ベンチから合戦小屋まで約35分)
合戦小屋にはスタンプがありました!

合戦小屋ホームページ

 ⑩合戦沢ノ頭 標高2488.2m 3等三角点があります。 [中房4.2km/燕山荘1.3km、燕岳2.3km]
  展望が開け、前方には燕山荘が見えてきます。 ベンチあり。   (合戦小屋から合戦沢ノ頭まで約20分)

さらに先へと進み、振り返ると眼下に合戦沢ノ頭。その奥に有明山が見えます。

燕山荘がだいぶ近くに見えてきた。

あともう少し!

⑬合戦尾根を登りきると燕山荘(えんざんそう)前にでます。[燕山荘/燕岳1.0km/中房登山口5.5km]

燕山荘への階段から燕岳方面を望む。

燕山荘ホームページ

燕山荘は帰りに寄ることにして
まず、燕岳頂上を目指す!

(合戦沢ノ頭から燕山荘まで約40分)










燕山荘から約30分で

燕岳つばくろだけ頂上!
標高2763.0m

ぐる~っと360度展望!イー眺め!

花崗岩の岩塊からなる頂には2等三角点(基準点名「燕岳」)と、「燕岳頂上2763m」と刻まれた三角点と同じくらいの大きさの碑が設置されていました。緑色の看板も置いてありました。

頂上は狭く、混み合っていましたが頂側面の岩に腰掛けて、のんびりと風景を楽しみながら休憩できました。
頂直下(花崗岩の岩塊を下りたところ)の東側の砂礫地は広いです。


燕岳からの展望!山座同定
下のパノラマ写真2枚はクリックで拡大します。 
合戦沢ノ頭~大天井岳~槍ヶ岳~笠ヶ岳~水晶岳~三ツ岳
水晶岳~三ツ岳~立山~針ノ木岳~鹿島槍ヶ岳~東沢岳

~次いで北燕岳へ向かいました~



もうスグ北燕岳!

燕岳から北燕岳まで約15分。








北燕岳頂上!
こちらも360度展望!良い眺め!

こちらの頂も燕岳同様狭いです。しかし、すいていた。



























北燕岳手前の
砂礫地に
コマクサの
大群落があります。
もう、
この時期では
枯れて
いるのですが・・・。
しかし!
かろうじて
この一株だけ
花が
残っていた!

~帰りは燕山荘(えんざんそう)に寄って山バッジを購入し、往路を下山!~





























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

登山ルート  行き=4時間40分  帰り=3時間10分

第2駐車場 ・  ・  ・
10分    10分
中房登山口
1時間5分  40分
第ニベンチ
1時間5分  40分
富士見ベンチ
35分    15分
合戦小屋
20分    15分
合戦沢ノ頭
40分    30分
燕山荘
30分    25分
燕岳
15分    15分
北燕岳

日帰り登山Ⅱのページ   麓の立ち寄り湯   燕岳のバッジ

常念岳日帰り登山   蝶ヶ岳日帰り登山

山と高原地図   ぼくの
新日本百名山
岩崎元郎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・